■ドローンの練習をしよう[初級編/屋外]

【ドローンの練習をしよう[初級編/屋外]】

※練習の際は必ずGPS機能をOFFにして行いましょう。

航空局の基準マニュアルでは室内編で練習した技術をもとに厳しいものになっています。

まだ室内編の練習をしていない方は必ず室内編を練習してからこちらの練習をしましょう。
※200g以下の機体のみ航空法の規制なく屋外で飛ばせます。
※200g以上の機体は当該の管理局に問い合わせの許可をもらってフライトするようにしましょう。

また、操縦実績合計時間10時間を超えていないと許可が下りにくいのでホビードローンか私有地で行ってください。
規制対象外地域の場合この限りにあらず。

①離着陸操縦者から3m離れた位置で、3mの高さまで離陸し、指定の範囲内に着陸すること。
この飛行を5回連続して安定して行うことができること。

②ホバリング飛行させる者の目線の高さにおいて、一定時間の間、ホバリングにより指定された範囲内(半径1mの範囲内)にとどまることができること。
ホバリングの状態で1分間安定して行うことができること。

③左右方向の移動指定された離陸地点から、左右方向に20m離れた着陸地点に移動し、着陸することができること。
この飛行を5回連続して安定して行うことができること。

④前後方向の移動指定された離陸地点から、前後方向に20m離れた着陸地点に移動し、着陸することができること。
この飛行を5回連続して安定して行うことができること。

⑤水平面内での飛行一定の高さを維持したまま、指定された地点を順番に移動することができること。
この飛行を5回連続して安定して行うことができること。