■上級ドローンパイロットになる

【上級ドローンパイロットって?】

上級ドローンパイロットといっても高度な操縦技術のこと?と思うかもしれませんが違います。

確かに技術は高度な精度を持っておいてほしいものですが、近年のドローンはプロポ(コントローラー)と機体をWi-Fi2.4G規格で通信し操縦しています。

これは日本の一般の人が利用できる通信法の規格に適応できるようになっているからです。

しかし今後、長距離通信できるような5.8G規格の通信を利用するようになってきます。 また、海外では5.8G規格のドローンが一般的にもなってきています。

この流れから日本でも長距離操縦のできるドローンが利用されるようになってきます。 長距離操縦しようと考えているパイロットは5.8G規格などの通信を利用して操作を行うことのできる国家資格が必要になります。

それがアマチュア無線技工士資格です。

次は→ 【■5.8G規格でFPVをしよう】